事務方責任者が“労働者代表” 「出勤簿」で時間管理 医療機関へ是正求める 池袋労基署

2012.09.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・池袋労働基準監督署(駒場修一署長)は、医師や看護師の労働条件を確保するため病院に対する監督指導を強めている。管内の全病院へ医師の労働条件を中心にアンケート調査を行うとともに集団指導を実施した。労働時間を「出勤簿」で管理していたり、36協定の労働者代表が「事務方の責任者」などのケースがめだち、サービス残業や過重労働防止の観点から是正を求めた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年9月17日第2889号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ