臨海部倉庫に立入調査 労災多発で重点監督 派遣やバイトにも着目 24年度 川崎南労基署

2012.06.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川・川崎南労働基準監督署(村田博署長)は今年度、労働災害が多発している臨海部の倉庫を重点的に監督指導する。業種としては陸上貨物取扱業や道路貨物運送業、港湾運送業、倉庫業を含む商業が対象となる。倉庫内作業や荷の積卸し作業での災害がめだつことから、積極的に立入調査を進め安全衛生管理体制のチェックと法令違反の是正に努める。併せてリスクアセスメントの導入促進にも力を入れる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年6月11日第2876号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ