放送事業者向けセミナーを開催 渋谷労基署

2019.10.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・渋谷労働基準監督署(久末吉一署長)は放送事業者と番組制作会社などを集め、働き方改革に関する説明会を開いた。総務省情報流通行政局情報通信作品振興課の市川憲史課長補佐が、今年8月に改訂した「放送コンテンツの制作取引適正化に関するガイドライン」を解説した(写真)。

 同ガイドラインは下請振興法の振興基準を引用し、下請事業者の働き方改革を阻害しないよう求めている。市川課長補佐は「改訂は働き方改革を意識したもの」と強調し、短納期発注などを避けるよう呼び掛けた。

 メディア業界は電通で起きた過労死が社会問題化し、昨年度から過労死防止大綱で重点業種に指定されている。

令和元年10月21日第3229号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ