時間単位年休年5日含まず 渋谷労基署

2019.01.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・渋谷労働基準監督署(古賀睦之署長)は、労働関係法令の改正に関する説明会を開催した。約120人が参加した。

 冒頭、古賀署長(写真)は、「改正法対応に併せ、何日前までに年次有給休暇取得の申請が必要かなど、運用方針まで含めて見直してほしい」と挨拶した。

 続いて松下万奈美監督官が、年休の時季指定義務について解説。取得させることが義務付けられた年5日について、半日単位の取得は0.5日と取り扱うことができるが、時間単位の取得は取得日数に含まれないとした。「使用者が時季指定する年休は、当年度付与分であるか、前年度からの繰越し分かどうかは問われない」と話した。

平成31年1月28日第3194号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ