外国人へ説明は理解度確認して 渋谷労基署

2019.04.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・渋谷労働基準監督署(古賀睦之署長)は、外国人労働者を雇用する企業に対し、労務管理講習会を開催した=写真

 同労基署の槇原隆基労働基準監督官は、企業が労働条件を説明する際、外国人労働者が内容を理解できているか確認するよう求めた。外国語の説明文書を用意しても、翻訳の仕方などが原因で、企業が意図したニュアンスが伝わっていないケースがある。また、労使協定などで必要な過半数代表者の選出について、外国人労働者も含めた過半数で判断するため、「手続きに参加していない」と訴えられないよう注意する必要性がある。

平成31年4月1日第3203号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ