裁量労働適正化へ ソフトウエア業を指導 渋谷労基署

2013.07.22 【労働新聞】

 東京・渋谷労働基準監督署(武藤一雄署長)は、長時間労働や裁量労働制の不適切な運用を是正するため、渋谷・世田谷地区情報労働基準研究会と合同でソフトウエア業に対する集団指導を実施した。近年、大手ソフトウエア会社の本社移転などに伴い、多数の関連企業が転入してきているためで、とくに新任の労務管理担当者に参加を呼びかけている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成25年7月22日第2930号3面

あわせて読みたい

ページトップ