建設業 上限規制周知へ3カ年計画展開 東京労働局

2022.04.19 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京労働局(辻田博局長)は、令和6年度から建設業に時間外労働の上限規制が適用されることを受け、今年度からの3カ年計画で「働き方改革推進総合対策」に取り組む。管下の労働基準監督署全18署が中小規模を中心に工事施工業者へ個別訪問を展開するほか、説明会を開いて法制度の周知徹底を図る。ディベロッパーやゼネコンなどには法制度の周知に加え、下請へのしわ寄せ防止についても理解を求める。

 総合対策期間中は、毎年10月と2月を強調月間に設定。さらに個別訪問数を増やすなどの対策を進めていく。

令和4年4月18日第3349号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。