アニメ会社で過酷労働 残業代や最賃違反 新宿・池袋労基署が実態調査

2012.04.16 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

24年度に集団指導実施へ

 東京の新宿・池袋の両労働基準監督署は、アニメ制作会社に対する労務管理の実態調査をまとめた。36協定、時間外・深夜労働の割増賃金、最低賃金、長時間労働者への医師による面接指導などで法令違反の回答が多かったため平成24年度に集団指導を行う方針である。低賃金や長時間労働が問題視される業界だが、テレビ局などの発注者を頂点とする重層的下請構造によって制作費が圧縮されてしまうのが実情だ。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年4月16日第2869号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。