魅力ある職場づくり求める 神奈川労働局

2019.10.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川労働局(荻原俊輔局長)は、労使団体や行政関係者、地域の金融機関などを集めて「神奈川働き方改革会議」を開催した。冒頭の挨拶で荻原局長は、来年4月から中小企業でも残業規制がスタートすることに触れ、「中小企業には魅力ある職場づくりを進めてもらいたい。業績を上げるためにも働き方改革が必要だ」と強調している=写真

 意見交換では神奈川県経営者協会が「技能を有する人材を集められない」とする会員企業の声を紹介。一方、今年に入って人材紹介事業を開始した㈱横浜銀行は、「中小企業にとっていきなり紹介会社に頼るのは敷居が高い。中小企業と紹介会社の間に金融機関が入ることにメリットがある」などと話した。

令和元年10月14日第3228号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ