賃金不払が大幅減 23年の申告受理状況 神奈川労働局

2012.05.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川労働局(及川桂局長)は、平成23年の申告事案の概要をまとめた。過去最高だった前年に比べて1割以上減少していることが分かった。賃金不払事案の大幅な減少が全体数を押し下げた。

 18年から増加に転じた申告受理件数は20年に2000件を突破。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年5月7日第2871号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ