高齢者の安全で100万円 段差なくすスロープを補助 厚労省

2019.10.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

中小向けに助成金創設へ

 厚生労働省は今年度、高齢者の特性に配慮した安全衛生対策を行う中小企業を対象にした助成金を新たに創設する。1件当たり最大100万円を上限に支給するもの。今年8月に始まった「人生100年時代に向けた高年齢労働者の安全と健康に関する有識者会議」では、労働安全衛生法の通達に基づくガイドラインの作成に向けて議論が行われているが、この中で提起されている設備・装置などのハード面の対策、業務の管理などのソフト面の対策への支援を想定している。具体的には、段差をなくしてスロープを設けたり、腰痛予防トレーニングを実施したりする費用を補助する考え。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年10月15日第2340号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ