高齢者対策で最大100万円 中小企業の労災防止狙う 厚労省

2020.04.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

設備改善に補助金

 厚生労働省は今年度、高年齢労働者が安心・安全に働ける職場環境の整備に取り組む中小企業を支援するため、「エイジフレンドリー補助金事業」をスタートさせる。60歳以上の高年齢労働者を雇用する事業主に対し、高年齢労働者特有のリスクを低減することを目的とする設備改善、健康確保措置などに必要な経費の2分の1、最大100万円を補助金として交付する。通路の段差の解消や、手すりの設置、リフト機器の導入などが対象になる。中小企業の労働災害防止を後押しする狙いだ。高年齢労働者を多数雇用している事業場などを優先するとしている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年4月15日第2352号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ