【追跡レポ】大日本住友製薬/師弟制度(DEGEICO) 師匠見て意識・行動学ぶ

2012.04.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

他グループ先輩に同行 聞取り・フォロー面談も

師匠との面談で目標達成に近付くヒントを発見

 大日本住友製薬㈱(大阪市中央区、多田正世社長、社員数・連結8026人、単体4521人)では、入社2年目と3年目の若手MR(医薬情報担当者)対象の新たな育成策――師弟制度「DEGEICO」(出稽古)が軌道に乗っている。グループ外の優れた先輩MR(師匠)に師事し、師匠の得意先への同行・インタビュー・フォロー面談を通じて、あるべき意識・行動を学び取り、自らの意識・行動変革につなげる狙い。半年間を1クールとし、2年間で4人の師匠に付く。師匠を通じ新たなネットワークも広がっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年4月9日第2868号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ