原発の廃炉作業違反率半数超に 福島労働局

2019.04.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 福島労働局(岩瀬信也局長)は福島第一原子力発電所の廃炉作業と、同県内で除染作業を行う計557事業者を対象に、平成30年に実施した監督指導結果をまとめた。廃炉作業で53.1%、除染作業で61.4%の事業者に労働基準関係法令違反が認められた。

 廃炉作業の違反件数は315件で、労働条件関係が250件、安全衛生関係が65件と、労働条件関係が8割を占めた。割増賃金の支払いが50件で最も多く、労働条件明示が47件、賃金台帳の作成が45件と続く。被ばく線量測定結果の確認・記録は8件、電離健診の実施は3件、同健診結果の報告は13件だった。

 除染作業の違反件数は299件となった。労働条件関係が177件、安全衛生関係が122件と、廃炉作業に比べ、安全衛生関係の比率が高くなっている。

平成31年4月15日第3205号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ