除染業者の7割が法違反 被ばく測定 労働時間に含めず 福島労働局

2013.08.26 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

除染手当不払で口止めも

 除染事業者の7割で労働基準関係法令違反が発覚――福島労働局(河合智則局長)が平成25年1~6月末にかけて行った集中的な監督指導で明らかになった。除染に係る特別教育や内部被ばく測定に要した時間を労働時間として取り扱っていない事業場がめだったほか、労働条件の明示で日給額と特殊勤務手当(除染手当)を分けて記載していないケースが多数を占めている。除染手当の「不払い口止め」の報道を受けて行った特別調査では、作業員の証言から「除染手当の説明を受けていないのにもらっていると回答するよう指示された」ことなどを確認した。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年8月26日第2934号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ