除染業者7割に指導 安衛法違反が増加傾向 福島労働局

2015.10.26 【労働新聞】

 福島労働局(引地睦夫局長)は、平成27年1~6月に実施した除染事業者に対する監督指導結果を明らかにした。68.1%の事業場で何らかの労働基準関係法令違反が発覚している。

 27年上半期は前年同期より29事業場多い342事業場に監督指導し、233事業場で労働基準法、労働安全衛生法などの違反が発覚した。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年10月26日第3038号3面

あわせて読みたい

ページトップ