除染業者6割に違反 「線量測定」関係が増加 福島労働局

2014.09.15 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 放射性物質の付着した土壌などを除去する除染事業者の6割で労働基準関係法令違反が発覚したことが福島労働局(引地睦夫局長)の監督指導結果で分かった。前年に比べて全体の違反率は低下したものの、外部被ばくの線量を測る線量計を装着させていないなど、「線量の測定」に関する違反が増加している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年9月15日第2985号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ