転倒災害防止に向けパンフ 福島労働局

2015.12.21 【労働新聞】

 福島労働局(引地睦夫局長)は、平成27年12月から28年2月末まで転倒災害防止対策を重点的に行うとして、独自にパンフレットを作成した。チェックシートにより取組みやすさを向上させたほか、冬期ならではの対策を紹介している。

 同労働局では、26年の転倒災害500件のうち半数は12~2月の冬期に発生。2月にはその2割に当たる134件が発生し…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年12月21日第3045号3面

あわせて読みたい

ページトップ