死亡災害が過去最少に 初めて1000人台下回る 厚労省・労災発生状況確定値

2016.06.14 【安全スタッフ】

 厚生労働省は、平成27年の労働災害発生状況の確定値を公表した。死亡災害が前年比85人減の972人となり、初めて1000人台を切り過去最少となった。休業4日以上の死傷災害も3224人減の11万6311人と前年を下回っている。死亡災害の状況については、建設業と製造業で大幅に減少したことが後押ししている。第12次労働災害防止計画の目標水準に達したとして、産業界をはじめとする労働災害防止の取組みが実を結んだものと評価した。各事業場でリスクアセスメントが浸透し、定着したことが要因の一つに考えられるとしている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成28年6月15日第2260号

あわせて読みたい

ページトップ