設計段階でリスク低減へ 施工時の安全確保狙う 先行事例を調査し広く周知 厚労省

2017.07.11 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

3bb1_s 厚生労働省は、今年度から新たに「建設工事の設計段階における労働災害防止対策の調査事業」をスタートさせる。建設工事の安全衛生対策として、工事の施工段階だけにとどまらず、設計段階から施工時の危険性を低くするよう、建築物の形状や施工方法などについて配慮する取組みだ。このほど閣議決定された「建設工事従事者の安全および健康の確保の推進に関する法律」を踏まえたもので、「海外や国内での先行事例を調査して取りまとめたうえで、その内容を広く周知していく二段構えで進める」(厚労省)という。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月15日 第2286号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ