目標の「15%」達成困難 死傷災害1.4%減にとどまる 厚労省・12次防を評価

2017.09.14 【安全スタッフ】

f685b5_s 厚生労働省は、第12次労働災害防止計画の評価を発表した。死亡災害を平成24年と比べて29年までに15%以上減少させる目標は達成する見込みであるとした一方で、死傷災害については「目標の15%以上減少は達成困難」と報告している。実績が目標を大きく下回る1.4%減少にとどまったためだ。重点業種である小売業、社会福祉施設、飲食店などで軒並み増加したことが影響した。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成29年9月11日 第2290号

あわせて読みたい

ページトップ