目標の「15%」達成困難 死傷災害1.4%減にとどまる 厚労省・12次防を評価

2017.09.14 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、第12次労働災害防止計画の評価を発表した。死亡災害を平成24年と比べて29年までに15%以上減少させる目標は達成する見込みであるとした一方で、死傷災害については「目標の15%以上減少は達成困難」と報告している。実績が目標を大きく下回る1.4%減少にとどまったためだ。重点業種である小売業、社会福祉施設、飲食店などで軒並み増加したことが影響した。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年9月11日 第2290号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ