建設業の安全経費を初調査 元・下請けなど3000社が対象 厚労省 労災防止へ課題明らかに

2016.03.26 【安全スタッフ】

 厚生労働省は平成28年度、「建設工事における安全経費の確保に係る実態調査」を初めて実施する。発注者から受注した工事を重層構造で請け負う建設業における労働災害防止では、安全対策に必要な経費を元請けから下請けまで適切に確保することが重要との考えからだ。実態調査は、元請け、下請け、発注者の三者を対象に、各1000社、合計3000社のデータを収集する予定となっている。元請けには、発注段階・施工における安全対策の指示、安全経費の積算方法、下請けとの関係など約20項目を尋ねるという。実際の企業現場での状況を詳細に把握するための企業訪問も行う。安全経費に関する問題点や課題を明らかにし、29年度に報告書として取りまとめる。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成28年4月1日第2255号

あわせて読みたい

ページトップ