発注者がリスク評価指示 シールド工事の施工で提言 厚労省

2016.08.14 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省はこのほど、「シールドトンネルの施工に係る安全対策検討会」の報告書を取りまとめた。4年前に海底シールドトンネルの施工中に発生した重大災害を契機に専門家による議論を進めたもので、「発注者が元請事業者などにリスクアセスメントを求めること」などを提言している。具体的には、発注工事の契約段階で元請けなどがリスクアセスメントを実施することを設計図書や施工計画に反映させる規定を設けるという。今後、同報告書の内容に基づきガイドライ ンを策定し、発注機関や関係業界団体などに実施を求めていく。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年8月15日第2264号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ