安全帯を原則ハーネス型へ 来年度の安衛則改正にらむ 厚労省・墜落防止用保護具で検討会

2016.12.10 【安全スタッフ】

fs001 厚生労働省は「墜落防止用の個人保護具に関する規制のあり方に関する検討会」を設置し、このほど第1回会合を開いた。国際的な動向や災害事例などを踏まえて、安全帯の身体保持具の限定化を目指すもので、一本つり安全帯については原則フルハーネス型とする方向性を確認した。事実上、胴ベルト型の禁止へと舵を切るものだ。胴ベルト型に関しては、墜落時の衝撃による内臓損傷などの危険性が指摘されており、国内では過去10年間で6件の死亡災害が発生している。米国や英国では、すでに一本つり安全帯の身体保持具はフルハーネス型のみとなっている。業界関係者に対するヒアリングなどを経て、来年4月には報告書案を提出する予定で、その後の労働安全衛生規則や告示の改正をにらむ。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : [安全スタッフ平成28年12月15日付2272号]

あわせて読みたい

ページトップ