建設4業種統合を検討へ 新規受給1000人未満が対象 労災保険の区分見直しで 厚労省

2019.01.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省の検討会は、労災保険の新規受給者数(業務災害)が1000人を下回る22業種について、統合の可否に関する議論をスタートさせた。建設関係では、「ほ装工事業」「水力発電施設、隧道等新設事業」「道路新設事業」「鉄道又は軌道新設事業」の4業種が対象。複数の統合パターンを提示しており、「その他の建設事業」に4業種を統合する案もある。その場合、「業種間の料率水準の乖離」が課題になるとみている。製造関係では、「めつき業」「パルプ又は紙製造業」など8業種が対象。業種統合の仕方によっては、事業主の労働災害防止インセンティブを阻害する恐れがあるため慎重に精査する。一方、「その他の各種事業」からの7業種の分離独立も引き続き話し合う。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年2月1日第2323号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ