死亡災害15%以上減へ 多様な働き方の安全を重視 厚労省 13次防計画案示す

2017.12.13 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省はこのほど、第13次労働災害防止計画(案)を明らかにした。2018年度から2022年度までの5カ年を計画期間とするもので、死亡災害を2017年と比較して2022年までに15%以上減少させることを目標とした。死傷災害は、増加が著しい業種などに集中的に取り組むことで同5%以上減少と定めている。重点業種は、従来からの建設業、製造業に加えて、他業種に比べて強度率が高い林業も追加が必要とみている。全体の計画としては、「多様で柔軟な働き方」を選択する社会への移行が進んでいる現状を踏まえ、正規・非正規の違いだけではなく、兼業、副業、個人請負といった働き方にも安全や健康が確保されなければならないと強く主張している。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月15日第2296号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ