荷役災害防止へ日通が事例紹介 亀戸労基署

2018.09.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・亀戸労働基準監督署(工藤滝光署長)は、陸上貨物事業の労災防止に向け、安全管理セミナーを開催した=写真。事業主など約170人が参加した。

 管内の3事業場が事例を発表。日本通運㈱関東警送支店では、荷の積込み、積下ろしに伴う労災を防ぐため、車両別に安全作業手順書を作成している。スイッチの位置などが異なるためである。手順を細かく分解したうえで、イラストも加えた。

 大成建設㈱東京支店の豊洲二丁目再開発作業所は、タイヤにはめ込んで固定できる親綱支柱を用意し、荷台からの転落を防止している。このほか、スロープにトラックなどを停めないよう徹底している。

平成30年9月3日第3175号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ