映像確認して安全運転指導 亀戸労基署

2017.03.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・亀戸労働基準監督署(久末吉一署長)は、道路貨物運送業の安全管理に関する集団指導を実施した=写真

 久末署長は安全講和で「トラックホームの端からわずか90センチ転落しただけなのに、頭を打ち死亡した労働災害があった」として、小さな危険も油断できないと戒めた。

 続いて、日本通運㈱、名鉄運輸㈱、DHLジャパン㈱の計3社が自社の安全対策を紹介。名鉄運輸は、上司とドライブレコーダーの映像を確認しながら本人の運転の癖を修正している。出車前の点呼時に血圧を測り、一定の数値以上の場合に乗車を拒否する取組みも行っている。

平成29年3月6日第3103号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ