安全衛生大会 入社時の教育にセルフケア追加 亀戸労基署

2019.11.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・亀戸労働基準監督署(雨森哲生署長)は江東地区安全衛生推進大会を開催した(写真)。労働者派遣事業などを営むSGフィルダー㈱労務安全課の橋本学マネジャーと香川朋美チーフが自社の取組みを発表した。

 厚生労働省のメンタルヘルス対策指針は、セルフケア、ラインケア、事業場内の産業保健スタッフによるケア、事業場外資源によるケアの4つが重要としている。同社は全従業員を対象にセルフケア研修を実施しているが、毎月約2000人入社するため、教育機会確保が課題となっていた。

 香川チーフは「入社時教育にセルフケア教育を追加、教育の漏れをなくした」と強調した。

令和元年11月25日第3234号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ