爆発による死亡で塗装業を送検 亀戸労基署

2017.06.23 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京・亀戸労働基準監督署(久末吉一署長)は、爆発の恐れのある場所で点火源となる機械を使用させたとして、㈲北葉塗装(千葉県市原市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで、東京地検に書類送検した。

 平成26年7月、東京都江東区の造船所において、同社労働者がタンク内部で塗装作業を行っていたところ、爆発し、タンク外9メートル先まで飛ばされ死亡する労働災害が発生した。また、タンクの近くにいた労働者が火傷を負っている。塗料には引火性の有機溶剤が含まれていたが、換気のため、点火源となる恐れのある送風機をタンク内部に持ち込んでいた。

関連キーワード:
平成29年6月19日第3117号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。