ダイバーシティ進める部署新設 みちのく銀行

2018.08.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱みちのく銀行(青森県青森市、藤澤貴之頭取)は、多様な人材が活躍できる環境づくりを強化する目的で、新たに「ダイバーシティ推進室」を設置した。同推進室設置により、障害者雇用に関しては早期に雇用率2.3%の達成めざす。女性活躍では、3年後の女性管理職比率30%以上を目標に掲げている。

 ワーク・ライフ・バランスの充実にも取り組む方針で、本部で導入済みの「朝型勤務」を支店にも拡大したい考え。年次有給休暇取得率は、現状の45%から7割以上をめざす。

平成30年8月13日第3172号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ