【特集1】瞑想とストレッチで昼礼を有効活用 休んだ体を目覚めさせる/東洋建設

2014.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 労働災害が発生する場合、ヒューマンエラーが取り沙汰されるが、それではなぜ不安全行動が起きるのか?東洋建設㈱では、作業者の“心”に着目し、昼礼時に心の準備体操として、瞑想リラクゼーションと20種類のストレッチをおよそ8分間で行い、昼休みで休んだ頭と体を目覚めさせる手法で労働災害防止を図るユニークな取組みを実施している。心の余裕と体の覚醒の大事さが改めて分かる。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月1日第2221号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ