【特集1】新規入所者へ「チューター活動」 現場に慣れるまで先輩が指導/東芝プラントシステム

2015.07.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 現場に入って間もない新規入所者は、思いもよらない不安全な行動を起こしてしまいがち。新規入所者の被災を防ぐため、東芝プラントシステムでは先輩入所者が「チューター」として付き添い、現場や仕事に慣れるまでの間の安全作業を指導する活動を展開している。チューターになるのは協力会社の職長や班長クラスで、1カ月をかけて危険場所の確認や安全作業のポイント、KYや指差呼称などを伝授していく。「新規入所者の災害はチューター自身の災害と思え!」の心構えのもと、現場の良き先輩として新規入所者の指導にあたっている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年7月15日第2238号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ