【特集1】安全の「見える化」から「見せる化」へ 確実に伝わる情報を追求する/株木建設

2014.05.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 安全衛生施策として「安全の見える化」を取り入れる会社が増えてきた。現場で危険箇所がカラフルな写真で明確になるほか、口頭伝達では誤って伝わってしまう安全指示も見える化することで、ミスを防げる。株木建設㈱では、見える化に早くから着目し独自に改善を加え、災害防止対策の重要なツールとしている。見える化から見せる化への進化も視野に入れており、確実に伝わる安全情報を追求していく。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月15日第2210号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ