【トピックス】安全の”プロ”養成が課題 「人間味」ある管理者育てる 海外工場では表彰制度に効果/第73回全国産業安全衛生大会in広島

2014.12.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中央労働災害防止協会(榊原定征会長)は10月22~24日、広島市で第73回全国産業安全衛生大会を開催した。創立50周年を記念して開かれたパネルディスカッションでは、安全と健康を守るこれからの人づくりとして、リスクを判断し自律的な管理を行うことができる「安全のプロ」を育成する取組みが課題に挙がった。また、海外進出時の安全衛生活動については、先行する事業場による監査システムの構築の流れや、表彰制度が安全意識向上に与えた効果など生の声が紹介された。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年12月1日第2223号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ