【トピックス】被災の半数超が経験10年未満 各業界トップで課題共有へ 製造業安全対策官民協議会

2017.11.08 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 化学や鉄鋼、自動車の各業界の経営層などでつくる製造業安全対策官民協議会は9月28日、安全対策をテーマにトップ会談を開催した。各業界団体のトップが、経営層のリーダーシップ強化や安全への投資の促進、協力会社を含めた人材育成・安全教育の拡充など4項目に取り組むことで合意した。会談では、(一社)日本鉄鋼連盟から、休業災害のうち経験10年未満の被災が半数以上を占めることや、現場監督の管理的業務の増加で現場パトロールが減少していることなどが報告された。(一社)日本化学工業協会は、世代交代により危険に対する感受性が低下していることに加えて、設備の高度化が「ブラックボックス化」(内部機構が不明でも取り扱えること)を招き、異常時・緊急時の対応が困難な現状を挙げた。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月1日第2293号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ