【トピックス】”新”安全装置をおひろめ からくり改善くふう展開く プラントメンテナンス協会 製造現場からアイデア

2015.12.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 公益社団法人日本プラントメンテナンス協会は、企業の製造現場で行われているさまざまな生産改善の取組みを紹介する「からくり改善くふう展」をポートメッセなごや(愛知・名古屋市)で開催した。名古屋・横浜と会場を替えながら毎年開いているもので、今年はマツダ㈱本社工場の「スクレーパーマン」の清掃機能や、エクセディ㈱「グリコシ君」の安全機構など、従来の機械の動きに新たな動作を加えることなく作業改善や安全化を図る好例が多数、展示された。現場第一線からの工夫を凝らしたアイデアが勢ぞろいした。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年12月15日第2248号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ