7割が人材育成に「不安」 保全・運転で支障も プラントメンテナンス協会

2014.06.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

乏しい分析、理論的思考

 化学系製造メーカーなどでつくる公益社団法人日本プラントメンテナンス協会(中谷修会長)は、工場の設備経営や人材教育に関する調査をまとめた。国内の保全管理者、運転管理者などの育成状況について6~7割の企業で「非常に不安」「不安がある」と回答していることが分かった。海外だとその割合はさらに高くなる。不安の理由を聞くと「分析力、理論的思考力不足」がトップだった。このため、今年度から海外向けに製造現場の資格認定制度を創設する。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年6月9日第2972号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ