【特集1】「本質安全化」へ認識新たに 危険排除する工法を選択 安全は中心となる価値/戸田建設株式会社

2018.07.30 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 戸田建設㈱では、「安全は中心となる価値である(Safety is not just a priority but a CORE VALUE)」という考え方に基づき、川上から安全を作り込み本質安全化を目指している。受注、設計、施工、管理の各場面で関わる全員が安全を中心に据えた行動を徹底し、安全性を可能な限り高めた工法や作業手順を決定する。実際の施工にあたっては、危険作業検討会で重大な危険がないか事前に洗い出し、リスクアセスメントを徹底して災害につながる〝危険の芽〟を摘み取った作業計画を立て、作業員への周知を図っている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年8月1日第2311号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ