『IoT』の労働関連ニュース

2020.12.11 【労働新聞】
最新の安衛対策紹介 先進大手10社で事例集 経団連

 経団連は、「最新技術を活用した労災防止対策事例集」を作成した。Society5.0時代を迎え、労働安全衛生管理もAIやIoTなどの最新技術を活用し、日常活動に組み込んでいる企業が増えているため、先進10社の実例を集めた。  前田建設工業㈱では、…[続きを読む]

2020.10.26 【労働新聞】
第4次革命を担う人材育成 厚労省が提言

 厚生労働省は、「今後の人材開発政策の在り方に関する研究会報告書」を作成した。Society5.0の実現に向けたデジタル人材の育成や「新たな日常」の下での職業訓練のあり方を提言している。  同報告書では、Society5.0の実現をめざした第4次産業革命(IoT、センシング、ビッグデータ、AI、ロボットなどの開発)に焦点を当てている。この……[続きを読む]

2020.08.20 【労働新聞】
Society5.0 再教育へプログラム開発 在職者訓練の強化も 厚労省

デジタル人材確保狙う  Society5.0の実現に向け、人材のリスキリング(再教育)とスキルアップ(学び直し)の支援を強化へ――厚生労働省は、今後の人材開発政策の在り方について方向性を明らかにし、資本と「人」へのさらなる投資が不可欠と訴えた。IoT、センシング、ビッグデータ、AI、ロボットなど、技術革新の進展に対応し、デジタル技術を利活……[続きを読む]

2020.08.07 【労働新聞】
ITスキル研修推進 スマート保安で官民計画 経産省

 経済産業省は、スマート保安官民協議会の高圧ガス保安部会を開き、石油・化学プラントにおけるスマート保安推進に向けた官民アクションプランを策定した。民間のアクションの柱として、企業組織の変革や情報の電子化、現場作業の効率化などを盛り込んだ。  スマート保安は、…[続きを読む]

2020.07.17 【労働新聞】
「スマート保安」普及へ人材育成 官民協議会

 経済産業省は、AIやIoTなどの新技術を活用して産業保安の安全性・効率性を高める取組みである「スマート保安」を推進するため、電力やガスなどの業界団体トップと、経産大臣および同省幹部による「スマート保安官民協議会」の初会合を開いた。協議会での実施事項や、民間と国それぞれの取組みに関する基本方針を決定している。民間においては、新技術の開発や……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ