施設の安全性認証へ 情報保護や作業環境審査 テレワーク協会

2022.05.30 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 日本テレワーク協会(栗原博会長)は、セキュアIoTプラットフォーム協議会と共同で、サテライトオフィスなどを運営する事業者の安全性を認証するプログラムを開始した。セキュリティー対策のほか、個人情報保護や作業環境の整備についても審査し、2段階で評価するもの。認証を受けた施設は、「安心安全テレワーク施設認証」マークを表示できる。認証企業は同協会のホームページ上で公開し、企業に施設を選ぶ際の参考にしてもらう。

 同協会は昨年から、テレワーク施設のセキュリティーを認証していた。認証の有効期間は…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年5月30日第3354号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。