「スマート保安」普及へ人材育成 官民協議会

2020.07.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経済産業省は、AIやIoTなどの新技術を活用して産業保安の安全性・効率性を高める取組みである「スマート保安」を推進するため、電力やガスなどの業界団体トップと、経産大臣および同省幹部による「スマート保安官民協議会」の初会合を開いた。協議会での実施事項や、民間と国それぞれの取組みに関する基本方針を決定している。民間においては、新技術の開発や人材育成に取り組むとした。

 協議会では今後、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和2年7月27日第3266号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ