職場環境改善に効果 AIなど最新技術活用 中災防報告書

2020.03.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中央労働災害防止協会は、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などを活用した安全衛生管理事例の調査研究報告書をまとめた。これらの最新技術を活用している企業では、体全体の大きな筋肉を使う重筋作業や熱中症の恐れがある場所における環境改善と負荷削減を通じて、安心・安全で長く働ける職場環境の実現につながっているとした。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年4月6日第3251号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ