人材流動化の促進へ サービス業を活性化 同友会

2017.06.28 【労働新聞】

 経済同友会は、「サービス産業生産性革命~ピンチ(人手不足)をチャンス(変革)に!」と題する提言をまとめた。生産性向上は、経営者の行動に掛かっているとし、ロボットの活用や人材の流動化を促進させるよう訴えている。

 労働集約型のサービス産業では、深刻化する人手不足に喫緊かつ継続的対応が求められていると強調。働き手一人ひとりのアウトプットを増やして生産性向上に努める必要性を指摘した。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年6月26日第3118号1面

あわせて読みたい

ページトップ