ワーケーション推進 労災適用の検討を 同友会

2022.03.28 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経済同友会は、「地域共創のさらなる推進に向けて」と題する提言をまとめ、近年導入が進んでいるワーケーションを呼び水にして、地域へ向けた人の流れを作るべきと訴えた。国に対しては、労災補償制度の整備を求めている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を契機に職場と異なる場所で余暇を楽しみつつ仕事を行う「ワーケーション」に…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年3月28日第3346号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。