デジタル変革の加速を提言 同友会・コロナ後も

2020.07.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経済同友会は、新型コロナウイルス感染症が拡大する前に逆戻りすることなく、デジタル変革を本格的に加速させなければならないなどとする提言を明らかにした。この機を逃せば、日本とデジタル先進国との間の溝がさらに開き、経済も停滞しかねないと危機感を強めている。

 デジタル先進国などにおいては、日本とは桁違いのデジタル人材を登用しているのが実情。日本においても、競争力のある報酬水準を確保する仕組みを導入し、人材獲得・拡充に努めるべきであるとした。

 その際、利用者視点を有する多様な業界のデジタル人材やIT知識を持つ若手人材の登用を積極化すべきとした。

令和2年7月20日第3265号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ