成果の適正配分を 「官製春闘」受止めて 同友会

2021.12.13 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経済同友会は、政府が打ち出した「新たな経済対策」における分配戦略の一環として、賃上げの推進が掲げられたとし、企業経営者として、様ざまなイノベーションの成果を適切に配分するよう訴えた。

 財政支出規模で過去最大となる総額55.7兆円の新たな経済対策が閣議決定され、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年12月20日第3333号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。