業績・報酬の連動強化 意思決定スピードアップ 同友会・企業白書

2013.05.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本企業の経営者は、報酬よりも「使命感」や「熱い思い」を重視――経済同友会がこのほどまとめた「持続可能な経営の実現」をテーマとした第17回企業白書によると、変化がめまぐるしい時代にあって、スピード感ある経営判断を推進していくためには、欧米企業のように業績と報酬の連動性を高める必要があると提言している。

 白書は、経営資源が国境を越えて自由に動き、ITとネットワーク技術で情報が瞬時に移動する時代となり、製品や事業サイクルがますます短くなっていると強調。今や「スピード」が経営の優劣を決定付ける要因となったとしている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成25年5月27日第2922号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ