労働法制の大転換を 新産業革命へ対処し 同友会・新産業革命で提言

2016.08.19 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経済同友会は、「新産業革命による労働市場のパラダイムシフトへの対応」をテーマとした提言を明らかにした。多くの労働がAIに代替される新産業革命を前に、働き方や労働法制の大転換が求められるとしている。

 提言によると、新産業革命により、人間の労働は「高度な価値判断」「創造性の発揮」などにシフトし、労働市場や働き方の姿も大きく変わるとみている。

 しかし、日本の労働法制や労働慣行は、所定の場所、所定の時間の労働が前提で変化に対応できず、デジタル化によるビッグチャンスを失いかねないとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年8月15日第3077号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ