『AI』の労働関連ニュース

2024.07.15 【労働新聞 ニュース】
生成AI普及に対応 DXスキル標準を改訂へ 経産省 NEW

 経済産業省は、企業のDXを推進する人材が担うべき役割や、習得すべきスキルを定義した「DX推進スキル標準」を改訂する方針だ。DX推進人材に求められる「共通スキル」として、新たに生成AIに関する内容を追加するとしている。改訂は今夏中に実施する見込み。  改訂する方針は、IT企業や学識者らをメンバーとする経産省の…[続きを読む]

2024.06.20 【労働新聞 ニュース】
リスキリング時間確保 取引先との契約ひな型作成へ 人材育成支援を強化 情報サービス産業協会

研修拡充し受講人数増も  情報サービス産業協会(=JISA、福永哲弥会長)は今年度、ITエンジニアの育成支援を強化する。生成AIなど最新技術の台頭によってリスキリングの必要性が増していることから、エンジニアの「学びの時間」の確保に取り組む。取引先に対して学習時間の確保に関する協力を求められるよう、契約時の参考となるモデル契約書を作成する予……[続きを読む]

2024.05.14 【労働新聞 ニュース】
事業創出へ教材提供 社内研修での活用を促す 経産省・デジタル人材育成

 経済産業省は、デジタル推進人材の育成に向けた社内研修に利用できる教材として、新規事業の創出・組織変革をケーススタディー形式で学べる教材の提供を開始した。菓子小売店を題材に、デジタルを活用した新たなビジネスの開発、そのために必要な組織変革について疑似体験しながら学ぶことができる。講師を置く必要はなく、複数人がオンラインにより同時に参加可能……[続きを読む]

2024.04.15 【労働新聞 ニュース】
宿泊事業者へ補助金 AI導入など設備投資に 観光庁

 観光庁は、宿泊業の人手不足対策として、設備投資に対する補助金制度を開始した。自動チェックインシステムやAIなどの新たな設備を導入した施設に対して、補助率2分の1、500万円を上限に補助する。1事業者当たり3施設まで申請可能とし、最大で1500万円を支援する。  補助する経費は、宿泊客が自身でチェックイン・アウトできるシステムや、オンライ……[続きを読む]

2024.04.11 【労働新聞 ニュース】
AIが学び直し講座提案 システムを独自開発 茨城県

55問の質問で適性診断し  茨城県は、県内企業の学び直し促進のため、個人に適した講座を提案する「AIマッチングシステム」を開発した。産官学で組織するリスキリング推進協議会で検討を重ねてきたもので、デジタルスキルや計画立案能力、課題設定力など職務遂行スキルの向上を目的としている。55問の質問を通じてAI(人工知能)が利用者の適性を見極め、現……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。